因縁を解消する「陰徳積み」

陰徳と陽徳とは

自分自身の行為が原因の「自己因縁」はまだしも、先祖の行為が子孫に影響する「家系因縁」を良い方向に修正するにはどうしたら良いのでしょうか。そこでおすすめしたいのが「陰徳積み」です。

徳には「陽徳」と「陰徳」があります。
どちらも個人や特定の人のためだけでなく、不特定多数の人や神仏に喜んでもらえる行いですが、陽徳は自らの名前や立場、企業名などを表に出し、陰徳は名前などを一切出さないことです。
陰徳積みをすすめる理由は、純粋に自分以外の人や地域、神仏に対しての報恩感謝から発する行為だからです。感謝無くして人の幸せはありません。感謝の行為が陰徳積みの極意ではないでしょうか。

日常生活の中で手軽にできる陰徳積みの一つがお参りです。
神仏を自宅で祀っている家といない家では家庭の安定感や子孫運にかなりの違いがあります。
お墓を建て、仏壇を入れ、自分の立場にしたがって供養することこそ、最も身近な陰徳積みになり、最も自分に徳が返ってきます。親や先祖に感謝することは、自分自身に感謝することになるからです。
あなたに肉体を下さったのは親や先祖で、命を授けてくれたのは神に他なりません。それゆえに神に感謝するために神棚を安置し、親や先祖に感謝するためにお墓と仏壇があるのです。

また日常生活ではできない陰徳積みもあります。その一つが「浄行」といわれるもので、有無供養塔の石碑のお洗いです。
無縁墓の石碑洗い(浄行)
私達が住んでいる市町村は、開拓や道路整備、用水整備などに携わった人たちがいたからこそ、いまの環境があります。

多大な貢献をしたにもかかわらず子孫がいないため、誰からもお参りされることなく無縁墓となり、いずれは撤去され、捨てられるのを待っている状態なのです。
撤去された無縁仏のお墓を寺院や霊園などに集めたものは有無供養塔と言われ、別名無縁台とも呼ばれています。
こうした供養塔の石碑や周辺を掃除やお洗いをして奇麗にし、最後にお寺の住職にからお経をいただき、供養をするのが浄行です。
ただし、個人でするものではなく団体で行う事が大切です。無縁仏で眠る人達が残した足跡を考えると、過去(先祖)に感謝する行為といえるでしょう。

浄行は全国各地で行われています。徳の大きさは、日常生活で行う陰徳積みとは比べる事ができないほど大きいのです。

家系因縁が深い人や自己因縁があまり良くない人は、ぜひ参加することをすすめます。
また、いま良い状況にいる人も、幸せな「いま」を維持するためや子孫のために参加してはいかがでしょうか。

陰徳積みの第一歩を踏み出す

良いものを積み重ねれば良い現象が、悪いものを積み重ねれば悪い現象が出てきます。
いまの自分が不幸であるとすれば、「今までの人生で不幸になるものを積み重ねてきたからだ」と因縁学では考えています。
問題は何が不幸の原因なのかに気づかないまま、今まで来てしまったことです。

因縁のもとは、行為・行動(行い)と言葉です。
喜んだり、悲しんだり、いろいろな感情は人の言動によって生まれます。何気ない行動が感動を呼ぶ場合もあれば、ほんの一言で全てを失う場合もあるでしょう。
つまり、行為・行動(行い)と言葉には人の心を変えるだけのエネルギーがあるのです。このエネルギーは心に直接刻まれるので、なかなか消滅せず因縁の元になります。

人を疲れさせる負のエネルギーを持っているマイナスやストレスになる言葉は「愚痴」と「文句」です。
また逆にプラスの言葉があり、「ありがとう」「うれしい」「いいね」「おかげさまで…」など、相手を喜ばせることに集約される言葉です。

自己因縁は自分自身の行いや言葉によってつくられる因縁です。他人に対し、プラスの言葉をなるべく多く使う事は徳積みにもなり、良い因縁を積み重ねることになります。


先祖供養の重要性

何故供養が大切なのでしょうか?
「供養」という漢字は「人」が「共」に「養」うと書きます。一番身近な存在では親子関係ではないでしょうか。

親を尊敬し敬う事ができている子供は、親が亡くなった後に供養がきちんとできるようお墓を建てる確率がかなり高いのです。
因縁学でも同様、敬うと言う思いは、思うだけでなく行動に移した時から、これが種となっていずれ開花するのです。
尊敬し敬う心を感謝に変えてお墓を建立した場合、このお墓は尊敬と感謝の象徴となり、家族全員にその現象が出ます。そのため家運が良くなったり、事業が忙しくなったりするのです。

要するに供養は親と自分の関係であり、先祖と子孫の関係でもあります。子供が喜べば親も喜び、先祖が喜べば子孫も喜び、逆もまた然りです。
ではどうやったら喜んでいる姿を伝えることができるのでしょうか。

生きている親子関係ならば、お互いに会って見せ合えば良く、また親が亡くなっているならば、お墓や仏壇に手を合わせて今の姿や現状を報告すれば良いのです。
このとき感謝の言葉を投げかけたなら、亡くなった親は感謝の存在となっていくのでしょう。親が感謝の存在になれば、その流れを受け継いだ自分にも感謝が流れ込みます。
結果としてますます喜びや感謝の連鎖が起こることになるのです。

そのためにも、その供養をする人を明確にするために家系図を作成し、先祖一人ひとりの戒名・法名をお墓に刻み込む必要があるのです。
そしてその戒名・法名を読み上げ、現状報告しながら感謝の言葉を投げかけることこそお墓を建立する目的の一つであり、「供養するためのお墓」と言われる所以なのです。



あなたも是非「浄行」に参加してみませんか?

全国各地で行われている「浄行」スケジュールです。
詳細は分かり次第、どんどん情報を追加していきますので是非ご覧になって、参加してみてください。

 またご質問・ご相談のメールも承ります。 →
ご質問・お問い合わせ
 浄行

6月1日(日) 岐阜県可児市「弥勒寺」




大きな地図で見る





サブメニュー「自己因縁・家系因縁」

サブメニュー「家系図からわかる我が家の因縁」

サブメニュー「因縁を解消する「陰徳積み」」













そして、 笑って帰る 面談


特集「我が家の歴史がお墓に現れている」

相談会スケジュール

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
             
… 面会(東京)
… 面会(長野)
… 面会(大阪)
… 面会(名古屋)
… 面会(札幌)
… 面会(旭川)
… 茶話会(大阪)
… 講演会(鵡川)
… 講演会(大宮)
… 講演会(東京)
… 講演会(名古屋)
… 札幌 傍系供養祭
… 新大仏寺 浄行
… 北信霊苑 浄行
… 名古屋 傍系供養祭
… 徳風会 京都地蔵流し
… 京都本山傍系供養祭
… 愛知県 犬山瑞泉寺別院 浄行
… 徳風会 定例講演会
… 函館勉強会
… 講演会(大阪)
… 瑞泉寺 浄行
… 講演会(札幌)
… 徳風会 地蔵流し
… 弥勒寺 浄行
… 関東傍系供養祭
… 徳風会合同講演会
… 法修会関西傍系供養祭
… 東京セミナー
… 長野市セミナー
… 弥勒寺面会

武居範導の「感謝感激雨あられ」ブログ

電子書籍リンク
電子書籍の販売を開始しました。


無料家系図作成アプリ

my roots(マイルーツ)」であなたの家計図をつくろう
My Roots[家系図をつくろう]
QRコード
スマートフォン(アンドロイド)またはタブレットからアクセスできます。